TOP
店舗紹介
フリーページ1
プリーページ2
料金・お支払い
お申し込み
個人情報保護方針

メンタルケア&カウンセリングスペース C²-Wave 六本木 けやき坂

〒106-0032
東京都港区 六本木ヒルズ内

・東京メトロ日比谷線「六本木駅」1C
出口より徒歩7分
・東京メトロ南北線「麻布十番駅」4番出口
より徒歩11分
・都営地下鉄大江戸線「麻布十番駅」
7番出口より徒歩10分
・港区ちぃばす「六本木けやき坂」停留所徒歩1分

 

 




 
【よくあるご質問】

 ✽カウンセリングについて✽

Q: カウンセリングとはどのようなものでしょうか?

A詳しくは「カウンセリングについて」「カウンセリングとは何ですか?」などをご覧ください。

Q: カウンセリングにはどのくらいの期間通う必要がありますか?

Aカウンセリングの期間あるいは通うペースについては、ご相談の内容やお悩みの状況によりさまざまです。初回面談等を通じて相談しながら決めていきます。

初回面接では特に時間的制限を設けずに、相談の内容をお伺いしクライアントの精神的状況について評価しながら、カウンセリングの目的や方針、適切な実施条件などについて考えていきます。これをインテーク面接といいます。これには必要に応じて適切な心理検査をおこなったり、初期評価のための面接が23回を要するケースもあります。本格的なカウンセリングに入る前にお互いについてよく知りあうための機会とお考えください。ですから、初回面接終了時点で、以後引き続きカウンセリングを行うかどうかについて何も決めていただく必要はありません。じっくりとお考えいただいたうえで、カウンセリングを受けるかどうかをご判断下さい。
 カウンセリングに通うペースについては、最初は週に1度の頻度で、4~8回ほどお越しいただき、その後はカウンセリングの進捗状況やご本人の希望等に応じてカウンセリングのペースを決定していく、という流れを一つの目安とお考えください。問題の評価や相談者の希望によって、より短期間で終結するカウンセリングを実施することも可能です。カウンセリングをいつ、どのくらいの頻度で受けるか、またいつ終了するかについては、話し合いの上ご判断いただきます。こちらから何かを強制するということはありません。

Q: 「カウンセリング」というものに馴染みがないのですが、カウンセリングは何らかの精神疾患を抱える方が受けるものなのでしょうか?

A精神的な病と診断あるいは疑いのある方だけにカウンセリングがあるわけではありません。むしろ精神的な病とまではいかないけれども、生き方に迷いを感じていたり、日常生活で起こりがちな問題に悩んでいる方や、メンタル不調の発症予防(未然防止)や早期発見・対処などにも効果的であると考えています。私たちは身体に異常を感じれば医療機関を受診します。ストレス解消や健康に気を使ってジムやヨガに通ったり、ダイエットや様々なサプリメントを試したりします。自分のキャリアアップや将来のために資格を取得したり、お稽古へ通ったりもします。最近ではスキルアップとして、あるいはまた企業のリスクマネジメントの側面としての強いメンタルの育成やストレスコントロールを研修等に取り入れる企業やビジネスマンも増えていますが、健康の増進や仕事上の能力の向上と同じように、「こころ」にも時としてメンテナンスや微調整、トレーニングが必要になるといえます。
 私たちが抱えるストレスや問題、願望は様々ですが、そうした課題の多くは、私たちが人生を送る中でそれぞれが自然と身につけてきた実践知(経験・学習知)に頼るだけでは対処しきれなかったり理解することが難しいものです。それらを上手に乗り越えていくためのより洗練されたツールのひとつとして、カウンセリングがあると考えていただけるとわかりやすいかもしれません。

Q:  自分自身のことでなくてもカウンセリングを受けられますか?

A大丈夫です。むしろ悩みを抱えているご本人の周囲の方にまずはご相談頂くことをお勧めしています。ご自身についてのご相談でなくても、家族や会社の部下や同僚など身近な方の悩みの相談も受けることができます。医療機関ですと診断の必要性から問題を抱える本人が受診する必要があるケースが多くなるようですが、カウンセリングは本人の周囲の方へのサポートからも進められる点にメリットがあるといえます。

Q:  精神科、もしくは心療内科と、カウンセリングはどういった違いがありますか?

A医療機関(精神科や心療内科など)では医師が症状を診察して医学的な診断をし、お薬の処方を中心に治療を行います。一方カウンセラーは、病気の診断等医療行為はすることはできず、お薬を処方したりすることもできません。医療機関が身体や脳機能に直接作用するお薬による治療が中心であるのに対して、人の「こころ」を支えるための様々なアプローチと支援がカウンセリングです。ご相談される方とじっくりとお話をし、問題解決に向けて一緒に考え、心理療法を実践していきます。

Q:  すでに通院しているのですが、カウンセリングを受けることはできますか?

A問題解決のために、医療機関で治療を受けながらカウンセリングを続けている方もいらっしゃいます。担当されるお医者さんにもいろいろなご意見があり、またカウンセリングを受けることが逆に好ましくない場合もあります。すでに通院中の方は、一度担当医にご相談してみることをおすすめいたします。

Q: 医療保険を利用できますか?

A当ルームは医療機関ではありません。医療保険でのカウンセリングは行っておりません。また、薬や診断書もお出しできませんのであらかじめご了承ください。

Q:  プライバシーは守られますか?

Aカウンセラーには守秘義務が課せられており、プライバシーは厳守いたします。相談の内容が外部に漏れることはなく、相談者の家族や職場からの問い合わせがあった場合でも、ご本人の許可なくカウンセリング内容についてお伝えすることは決してありません。

 カウンセリングルームは完全個室で、周囲に看板や案内表示もありません。カウンセリングの時間は間隔を充分にとって予約を入れますので、他の相談者と顔を合わせることもありませんのでどうぞご安心下さい。

 ✽申込み・予約について

Q:  申込み・予約方法について教えて下さい。

A詳しくは、「お申込み」「料金・お支払い」をページをご覧ください。

 実際にカウンセリングをお申込みなさる前に、分からないことなど事前にご相談したいことがありましたら、どうぞ遠慮なくお電話・メール下さい。事前のご相談はもちろん無料です。

Q:  カウンセリングの当日予約は可能ですか?仕事の都合上日曜しか時間が取れないのですが。

A新規のカウンセリング当日予約は、やむを得ない事情の場合を除きお受けしておりません。ただし継続してカウンセリングをお受けいただいている方につきましては、予約日時の変更等お受けする場合もありますのでご相談ください。また、初回カウンセリングを除き、営業日時外の時間帯にも対応させていただく場合もありますのでご相談下さい。

 ✽料金について✽

Q:  料金について教えて下さい。

A詳しくは「料金・お支払について」ページをご覧ください。

Q: カウンセリングを受けたいのですが、経済的に苦しい状況で、カウンセリングの料金を負担する余裕がありません。どうしたらいいでしょうか。

A失業等さまざまな事情から経済的に苦しい状況にあり、カウンセリング料を払う余裕がない方もたくさんいらっしゃいます。また学業のため収入の少ない学生さんもいらっしゃいます。地域の保健所や精神保険センター等では、無料でこころの相談(面談や電話相談)を行っていますので、そちらをご利用なさるのが一般的です。行政機関等の援助や関わり方にはどうしてもやむを得ない制約もあるようですが、そうした機関へ相談するのに躊躇される方のために、カウンセリング料金の減額・免除措置、あるいは無料期間の設定など、相談者の状況に応じた対応をさせていただきます。お辛いこととは思いますが、ご相談下さい。また月に1日の無料相談日も設定いたしておりますので、そちらもご利用下さい(こちらもご覧だくさい)。



  Copyright (C) 2008-2018 C²-Wave,allrights reserved.